ヒト幹細胞培養液とはいったい?スキンケアの概念を変える根本的なケア

ヒト幹細胞培養液

ヒト幹細胞培養液について

スキンケアを念入りにしていつまでもキレイな肌を保ちたいというのは、多くの方の希望でもありますよね。

美肌をキープするために自分に合ったコスメを探しているという方も多いと思いますが
そんな中で『ヒト幹細胞培養液』が気になる方が増えているようです。

肌の老化というのものは
そもそも細胞が老化することによって引き起こされます。

本来は
ターンオーバーと言われる細胞の生まれ変わりが繰り返されることにより、細胞は生まれ変わります。
ターンオーバーとは

しかし
そのターンオーバーが長期化して細胞の生まれ変わりが遅れると、本来の肌の機能が低下し、それが老化に繋がってしまいます。

ヒト幹細胞培養液は細胞の核ともいえる幹細胞から培養された美容液
細胞の生まれ変わりに必要な成分がたっぷり含まれている事で、細胞を活性化し、正常なターンオーバーが行えるような肌を作ってくれます。
グラステムセル 美肌

最先端の美容液として美容業界では大きな注目を集めており、すでに導入している方も多いんです。

細胞を活性化するという効果から、特に加齢による悩みに幅広く作用します。

このことから年齢からくるエイジングケアには特に効果を発揮するという事でも知られている美容成分です。

ヒト幹細胞培養液の原料は何?

そんな最先端のヒト幹細胞培養液が、実際どんな成分で構成されているのかという事が気になりますよね。

一言でヒト幹細胞培養液と言っても、その原料の中には多くの成長因子が含まれています。

その中でも代表的な成長因子と言えるのが、TGFというものです。

TGFとはトランスフォーミング成長因子と言われているもので、細胞の再生をサポートするだけでなく、美肌に必要なコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンの生成を促します。

またEGFと呼ばれているのは、上皮細胞成長因子です。
EGFとは
表皮細胞に働きかけることで、肌の生まれ変わりであるターンオーバーを促進するという効果が期待できます。

FGFと呼ばれている線維芽細胞成長因子も、美肌を作るためには重要な成分の一つです。

効果としては真皮幹細胞に働きかけることで、美容成分であるコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなどの美容成分を作り出します。

その他にも神経成長因子であるNGFやケラチノサイト成長因子であるKGFなど、たくさんの種類の成長因子が存在します。

原料となる成分は様々な方向から幹細胞の成長を促してくれるということが、ヒト幹細胞培養液が次世代の美容成分と呼ばれる理由となっています。

ヒト幹細胞培養液はどんな用途で使われている?

ヒト幹細胞培養液は細胞の核ともいえる幹細胞に働きかけることで細胞の成長を促し、美肌を作ってくれる成分と説明しましたが
実はもともとは化粧品・スキンケア用品としてではなく、医療現場で使われているものでした。

現在でもアトピーなどの皮膚疾患の治療に利用されたり、整形外科の分野での再生医療にも使われています。

医療の現場でも使われている成分という事で、美容にも確かな効果がありそうだと安心して使えそうですよね
肌に優しい グラステムセル

そして医療や美容だけでなく、その他の用途の一つとして最近注目されているのが、歯磨き粉です。

ホワイトニング効果のある歯磨き粉などに配合されていることが多く、ヒアルロン酸などの美容生成を促すことで歯ぐきを健康にするという効果も期待できます。

ホワイトニングをするだけでなく、歯茎まで健康的な色に出来るということから、これからどんどん広まっていくと考えられている用途の一つです。

さらにシャンプーやリンス、トリートメントなどのヘアケアの分野でも、ヒト幹細胞培養液が使われている商品が登場しています。

シャンプーに配合することで頭皮の細胞の生まれ変わりを促し、健康でツヤやハリのある髪の毛を育てることが出来るという事でヘアケア業界でもすでに幅広く知られる成分となりました。

肌だけでなく髪の毛も加齢とともに乾燥したりハリがなくなってくることを感じる方も多いと思いますが、頭皮の細胞の生まれ変わりを促すことで根本的な解決をすることができ、次生えてくる髪の毛を育てられるという事で、女性だけでなく男性にも人気となっています。

さらに健康的な髪の毛を育てるだけでなく、頭皮の環境を改善することで発毛・育毛促す効果も期待できます。

実は抜け毛は毛周期や頭皮の細胞のターンオーバーが乱れることによって起こることが多くなっています。

その周期をヒト幹細胞培養液を使うことによって正常化すると、薄くなった毛が生えてきたり、弱くなっていた毛が健康になったりする効果が得られます。

これから発毛・育毛業界でもヒト幹細胞培養液が幅広く使われるようになること間違いなしです。

幹細胞に直接働きかけることによって細胞の生まれ変わりを促すことで美容効果を発揮するヒト幹細胞培養液ですが、実は化粧品・スキンケアの業界だけでなく、再生医療から育毛や発毛の業界にまで注目されています。

次世代型の成分としてじわじわと人気を高めているので、これからも用途がどんどん広がっていくこと間違いなしの成分と言えます

ヒト幹細胞培養液には副作用はあるのか?

ヒト幹細胞培養液がそんなに効果がある成分なら一度使ってみたいと思われる方も多いと思いますが、副作用がないのかどうかが気になるという方も多いのではないでしょうか。

ヒト幹細胞培養液は説明した通り、幹細胞を培養した成分のことです。

人の脂肪細胞や臍帯組織から抽出された幹細胞を培養して増殖させたものであるので、幹細胞を直接使っているわけではなく、副作用を感じる可能性はほとんどありません。
グラステムセル 副作用 なし

ヒト幹細胞培養液が提供されるときには、厚生労働省によって定められた基準のもとに、幹細胞片が残らないように精製作業が行われるため、心配はほとんどないと言っていいと言えます。

ヒト幹細胞培養液は再生医療にも使われる成分であるので、研究や開発はどんどん進んでおり、各機関によって安全性は確立されています。

安全性は高いとはいえ、アレルギーや副作用が出ないように、どこまでも徹底された品質管理の下で培養液は作られます。

これまで治療を行ってきた中でも重大な副作用が発生したというケースは見られていないので、安心して使える成分だと言えます。

それでも心配という方は、信頼できるメーカーのスキンケアアイテムやクリニックを選んで試してみることをおすすめします。

ヒト幹細胞培養液コスメと従来のスキンケアの違い

スキンケア
今までも肌のターンオーバーを促したり、ヒアルロン酸やエラスチン、コラーゲンなど、美肌に必要な成分を肌に与えるスキンケアアイテムはたくさんあったかと思います。

それでは従来のスキンケアアイテムをヒト幹細胞培養液を使用したコスメの違いとは何なのでしょうか。

従来のスキンケアアイテムは、不足した成分を補充するためのものでした。

ヒアルロン酸が不足したらそれを補充したり、ターンオーバーに必要な成分を補給することで肌の生まれ変わりを促したりする目的で使われるため、表面的なケアをしているにすぎませんでした。

しかし
ヒト幹細胞培養液は、幹細胞に働きかけることで美容成分の生成を促すという効果があるものです。

不足した成分を補給するのではなく、成分を自分で作り出すように促すものなので、根本的なケアをすることが出来るという所が、従来のスキンケアアイテムとの違いとなります。
やわらかなハリツヤ肌グラステムセル

補給をするだけだと、また不足し始めてしまう可能性が高く、定期的に成分を補給しなければ加齢によるトラブルがまた現れてしまう原因となります。

しかし幹細胞が自分で美容成分を作り出す力や、ターンオーバーをする力を取り戻す根本的なケアをすれば、再び成分が不足してきてトラブルにつながってしまうという可能性をなくすことが出来ます。

また根本的にケアをすることで、すべてのトラブルに対応できるという効果が期待できるのも、従来のスキンケアとの違いと言えます。

今までは乾燥・たるみ・シミ・くすみなど、色々なトラブルに対してそれに合う成分を補給していたという方も多いと思いますが、幹細胞の働きが活性化することで肌が生まれ変わるので、すべての悩みを一気に解消できる可能性もあります。
乾燥 たるみ しみ くすみ 解消

次世代型の美容成分として注目されているヒト幹細胞培養液は、今の悩みを一気に解消してくれる魔法の成分かもしれません。

安全性も高い成分なので、気になる方は一度使って効果を実感してみることをおすすめします。

👉おすすめのヒト幹細胞培養液グラステムセルの口コミはこちら